コラーゲンとその摂取量

コラーゲンという言葉、みなさん一度は耳にした事があると思います。
人の身体は子供の場合で約70%、成人だと個人差もありますが、55%~60%は水分で出来ています。その残りの40%の大半がタンパク質で、その3分の1がコラーゲンです。

コラーゲンは臓器をささえたり、細胞同士をつないだり、筋肉と骨を結ぶ腱などのほとんどはコラーゲンで出来ています。
これだけを見てもコラーゲンは私達の身体を維持していくのに非常に重要なタンパク質と言えます。

そして、体中で最も多くコラーゲンが含まれているのが肌です。その量は身体全体の40%になります。
さらに、肌の土台である真皮の約70%がコラーゲンで出来ています。肌の張りや弾力は肌表面の表皮ではなく、その奥の真皮層が支えています。
なので、コラーゲンを摂取する事は肌の張りや弾力をキープするのにとても重要になってきます。

サプリメントとお水肌にとって重要なコラーゲンですが、ではどんどん摂取していいのでしょうか?
答えはノーです。
余剰分が体外へ排出されるからと言っても、過剰分が遥か上回っている場合は腎臓に負担が掛かり身体への異常が現れます。
また、過剰なコラーゲンは皮膚にセルライトを作る原因になります。一日に摂取するコラーゲンの目安は、5g~10gです。しかし、20~50代の日本人女性の食事からのコラーゲン接収量は1日1.9gです。
普段の食事から一日のコラーゲン摂取量を取るのが理想的ですが、サプリメント等を上手に活用して健康と美肌を手に入れたいですね。

ページのトップへ